文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

≪WindowsLiveメール2011≫IMAPの設定

1.「POP」と「IMAP」の違い

POPサーバーに届いたメールをメールソフトにダウンロードしてメールを確認する方法。
基本的に、サーバ内にメールデータは保存されません。
IMAPサーバーに届いたメールをメールソフトにはダウンロードせず、サーバーにデータを残したまま確認する方法。

 

2.「IMAP」を利用するにあたっての注意点

▼サーバー内のメール削除
「IMAP」でメールを受信する場合、サーバー内にメールが残るため、そのままにしておくといずれメールボックスの容量が一杯になりメールが受信できなくなります。

また、メールソフトもしくはサーバー上からメールを一度に大量のメールを削除した場合、サーバー高負荷の原因となります。
サーバーが高負荷になった場合、同じサーバを利用しているすべてのお客様において、メールが送受信できない等の影響がでる可能性がございます。

「IMAP」を利用する場合は、必ず定期的にサーバー内のメールを削除するようお願い致します。

 

▼「IMAP」アカウントの追加
また、既に「POP」にて設定されているアカウントを「IMAP」に変更することはできません。
「IMAP」での受信に変更したい場合は、新規でアカウントを設定し直してください

 

3.IMAPの設定手順

1.WindowsLiveメール2011を起動

 

2.「アカウント」をクリック

 WindowsLiveメール2011-1

 

3.「電子メール」をクリック

 WindowsLiveメール2011-2

 

4.必要情報を入力し、「次へ」を」クリック

 WindowsLiveメール2011-3

電子メールアドレス設定するメールアドレスを入力
パスワードメールアドレス作成時にご自身で設定したパスワードを入力
パスワードを保存するチェックを入れる
表示名任意
電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成するチェックを入れる

 

5.サーバー情報を入力し、「次へ」をクリック

 Liveメール2011-IMAP-1

▼受信サーバー情報-
サーバーの種類IMAP
サーバーのアドレスmail.ドメイン名※エラーが出た場合は”ご利用のサーバー名”をご入力ください
ログオンユーザー名設定するメールアドレスを入力
▼送信サーバー情報-
送信サーバーmail.ドメイン名※エラーが出た場合は”ご利用のサーバー名”をご入力ください
ポート25 もしくは 587 を入力(※)
認証が必要送信ポートが「25」の場合:チェックなし
送信ポートが「587」の場合:チェックあり

送信のポート番号は、ご利用のプロバイダ等によって異なります。

共用サーバーの「ご利用サーバ名」については、管理ツール画面上にてご確認頂けます。 詳細な確認方法については、下記マニュアルをご参照下さい。
【Xbit】各種サーバー情報確認方法

6.「完了」をクリック

 WindowsLiveメール2011-5

 


印刷する 印刷する