文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

【Xform】なりすましメールの誤判定対策

下の対策を行っていただくことで、なりすましメールと誤判定されることを回避できる場合があります。

なりすましメールとは、差出人(from)のアドレスに本来のアドレスとは異なるアドレスを設定し、知り合いや有名企業などから届いたように装ったメールのことでございます。
【注意】
この対策を行う場合、お客様のメールアドレスを運用(設定)しているサーバー側の作業が必要となります。
ご利用サーバー側の設定等につきましては、弊社では分かりかねるため、恐れ入りますがサーバー会社様または管理者様にご確認ください。

1.設定対象のメールアドレスの確認

まず、以下の2点についてご確認下さい。

 ◆「差出人メールアドレス(from)」に設定しているメールアドレスを確認
 ◆上記メールアドレスを運用(設定)しているDNSサーバーを確認

DNSサーバーがご不明な場合は、ご利用のサーバー会社またはサーバー管理者様にご確認ください。

2.サーバー会社へ設定方法の確認

上記【1】で確認したDNSサーバーの管理会社または管理者様に以下2点についてご確認ください。

 ◆SPF(TXT)レコードの設定の可否
 ◆設定できる場合、具体的な設定方法

【注意】
SPF(TXT)レコードの設定ができない場合、なりすましメールの誤判定対策は行えません。

3.SPF(TXT)レコードを設定する

SPF(TXT)レコードの設定が可能な場合、サーバー会社またはサーバー管理者様から提示された設定方法に従って、SPFレコードの設定を行います。

■追加するSPFレコード

TXT “v=spf1 ip4:ご利用フォームのIPアドレス ~all”
 

上記「ご利用フォームのIPアドレス」は、以下のようにご利用のフォームに応じたIPアドレスに置き換えます。

サーバー名IPアドレス
fs219.xbit.jp59.106.35.111
fs220.xbit.jp
fs223.formasp.jp
fs221.xbit.jp
59.106.126.136
fs222.formasp.jp
既にSPFレコードが存在する場合は、上記のうち、「ip4:ご利用フォームのIPアドレス」のみを既存のSPFレコードに追加してください。

 

<設定例>
「fs219.xbit.jp」サーバーを利用しており、「From(送信元)」のメールアドレスが「example@example.com」の場合

1.ドメイン「example.com」のDNSサーバ管理会社または管理者を確認する
2.DNSサーバ管理会社または管理者にSPF(TXT)レコードの設定方法を確認する
3.以下のようなSPF(TXT)レコードをDNSレコードに追加する

●ホスト名:example.com
●レコード名:TXT
●値:”v=spf1 ip4:59.106.35.111 ~all”

 
以上です。
ご不明点は下記サポートセンターまでご相談下さい。
 

印刷する 印刷する