文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

【Xcart】区分記載対応について

区分記載対応に伴い、画面内容に一部変更がございます。
下記ページにてご案内致しますので、よろしければご参照下さい。

カートの中身(購入手続用画面)

「※」は『商品管理≫商品情報の登録/編集』にて「消費税区分」を【軽減税率8%】、
「★」は『商品管理≫商品情報の登録/編集』にて「消費税区分」を【消費税8%】と
設定した場合に表示されます。

◆変更後 

◆変更前

ご注文内容確認画面

『カートの中身(購入手続用画面)』と同様に、
「※」は『商品管理≫商品情報の登録/編集』にて「消費税区分」を【軽減税率8%】、
「★」は『商品管理≫商品情報の登録/編集』にて「消費税区分」を【消費税8%】と
設定した場合に表示されます。

◆変更後

◆変更前   

区分記載請求書について

エクスカートでは、メールや請求書のテンプレートにて、特殊置換文字で「10%対象商品」や「軽減税率8%対象商品」の税額を表示する事で、区分記載の対応が可能でございます。
区分記載を行う事は、仕入税額控除の為の条件となります。
詳細は下記の国税庁ホームページをご参照下さい。

 ◆国税庁・仕入税額の控除

 

①発行者の氏名又は名称
②取引年月日
③取引の内容
④受領者の氏名又は名称
⑤(追加)軽減税率の対象品目である 旨(「※」印等をつけることにより明記)
⑥(追加)税率ごとに区分して合計した対価の額(税込)

(参考)現行制度から変わらない点
・「区分記載請求書」には、一定の記載事項を満たす領収書や納品書、小売事業者等が交付するレシートなど取引の事実を証する書類も含まれます。
・「区分記載請求書」の交付義務及び交付した「区分記載請求書」の写しの保存義務はありません。
⇒仕入税額控除の為の条件となります。

適格請求書等保存方式(インボイス方式)について

平成35年(2023年)10月1日から、複数税率に対応した消費税額の仕入税額控除の方式として、適格請求書等保存方式が導入されます。
『登録番号』を帳票テンプレートに追加頂く事で、エクスカートにてご利用可能でございます。

尚、適格請求書等保存方式(インボイス方式)の詳細については、下記の国税庁ホームページをご参照下さい。

適格請求書等保存方式

2023年10月1日(日)施行開始予定

※軽減税率の区分記載請求書との差は、登録番号のみ
※登録番号とは、適格請求書発行業者が税務署に申請して、発行される番号の事。
 登録受付開始が、2021年10月から開始

①適格請求書発行業者の指名又は名称及び登録番号
②取引年月日
③取引内容(軽減税率の対象品目である場合はその旨)
④税率毎に合計した対価の額(税抜き又は税込み)及び適用税率
⑤消費税額等(端数処理は一請求書当たり、税率毎に1回ずつ)
⑥書類交付を受ける事業者の氏名又は名称

各サポートセンター窓口

エクスビットhttps://fs220.xbit.jp/r722/form2/
ギガーンhttps://fs223.formasp.jp/n367/form29/
プレミアhttps://fs223.formasp.jp/n367/form2/
エクスカートhttps://fs223.formasp.jp/n367/form8/


印刷する 印刷する