Mac Mail(Sierra)の各種設定

メールアカウントの追加
メールの認証設定
メールパスワードの変更
メールをサーバーに残す設定
メールヘッダの取得(準備中)
送受信サーバーの変更(準備中)
IMAPの設定(準備中)

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールの認証設定

メールの認証設定は、ご利用の環境によって異なります。
以下の「6パターン」の「認証設定」と「ポート番号」の組み合わせより、どの方法で送信が可能か確認の上、有効な組み合わせをご選択ください。

パターン①ポート番号: 25 + 認証方法:認証なし
パターン②ポート番号: 25 + 認証方法:SMTP認証
パターン③ポート番号: 25 + 認証方法:POPbeforeSMTP認証
パターン④ポート番号:587 + 認証方法:認証なし
パターン⑤ポート番号:587 + 認証方法:SMTP認証
パターン⑥ポート番号:587 + 認証方法:POPbeforeSMTP認証
IMAPをご利用の場合は、「パターン①②④⑤」の4パターンとなります。

 

1.認証設定の確認・変更手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

Outlook2013-11 

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

 Outlook2013-13

 

4.対象のアカウントを選択し、「変更」をクリック

Outlook2013-PW-1 

5.「詳細設定」をクリック

 Outlook2013-認証-1

 

▼認証設定
 6.「送信サーバー」タブをクリック

認証なし「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れない
SMTP認証【1】「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れる
【2】「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択
POPbeforeSMTP認証【1】「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れる
【2】「メールを受信する前に受信メールサーバーにログオンする」を選択

 Outlook2013-7

 

▼ポート番号
7.「詳細設定」タブをクリック
「送信サーバー(SMTP)」の初期値は「25」になっています。
環境に合わせて、「25」または「587」を指定してください。
ご利用のプロバイダ等によってポート番号が異なります。

 Outlook2013-8

 

8.「OK」をクリック

 

9.「次へ」をクリックし、アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-PW-3  

10.「次へ」をクリック

 

11.「完了」をクリック

 Outlook2013-10

 

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールパスワードの変更

メールアドレスのパスワードを変更する場合、まずはサーバーのコントロールパネル上でサーバー側のパスワードを変更する必要があります。

サーバー側でのメールアドレスのパスワード変更方法は、こちらをご参照ください。

 

メールパスワードの変更手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

「Outlook2013へようこそ」のスタート画面が表示されている場合は、こちらをご参照ください。

Outlook2013-11 

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

 Outlook2013-13

 

4.対象のアカウントを選択し、「変更」をクリック

Outlook2013-PW-1 

5.新しいパスワードを入力し、「次へ」をクリック

Outlook2013-PW-2

【注意】
誤ったアカウント情報(メールアカウント名やパスワード)を使用して、何度も送受信を行った場合、サーバのセキュリティ対策により、一時的にご利用ネットワーク環境からの接続が拒否されますのでご注意ください。
その場合は、正しいアカウント情報を設定し直し、しばらく時間を空けてから送受信をお試しください。

 

 

 6.アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-PW-3  

7.「次へ」をクリック

 

6.「完了」をクリック

 Outlook2013-10

 

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールをサーバに残す設定

1つのメールアドレスに対して複数の環境(メールソフト)で受信する場合、すべての環境でサーバーにメールを残す設定にしておく必要があります。

サーバにメールを残す、またはサーバから削除する設定は、基本的に以下の3通りがあります。
ご希望の運用に合わせて設定してください。

サーバーにメールのコピーを置くPOPで受信したあとも、サーバー内にメールのコピーが残ります。
○日後にサーバーから削除するPOPで受信したあと、指定した日数経過後にサーバーからメールが削除されます。
メールソフトから削除されたら、サーバから削除するメールソフトから削除されると、同時にサーバーからメールが削除されます。
メールソフトによって、一部設定できない場合があります。

【注意】サーバーにメールを残し続けると、サーバー内のメールボックスがいっぱいになり突然メールが受信できなくなりますので、定期的にサーバー内のメールを削除してください。
【注意】サーバーからメールが削除された時点でまだ受信していない環境(メールソフト)では、削除されたメールを受信することはできません。

 

1.設定手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

Outlook2013-11 

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

 Outlook2013-13

 

4.対象のアカウントを選択し、「変更」をクリック

Outlook2013-PW-1 

5.「詳細設定」をクリック

 Outlook2013-認証-1 

6.「詳細設定」タブをクリックし、「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェック
  運用に合わせて、同時に削除の設定も行ってください。

Outlook2013-コピー-1 

 

7.「OK」をクリック

 

8.「次へ」をクリックし、アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-PW-3  

9.「次へ」をクリック

 

10.「完了」をクリック

 Outlook2013-10

 

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールヘッダの取得

メールに関するトラブルや調査の際、メールヘッダ情報を確認します。
ヘッダ情報には、送受信したメールのToやFromといった情報だけでなく、どのサーバを経由したか等、様々な情報が含まれます。

 

1.メールヘッダの確認手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.メール一覧にて対象メールをダブルクリック

Outlook2013-ヘッダ-1 

3.「タグ」の右下の Outlook2013-ヘッダ-4 をクリック

Outlook2013-ヘッダ-2 

4.「インターネットヘッダー」を確認
スクロールすると全文確認できます。

 Outlook2013-ヘッダ-3