【Xform】なりすましメールの誤判定対策

下の対策を行っていただくことで、なりすましメールと誤判定されることを回避できる場合があります。

なりすましメールとは、差出人(from)のアドレスに本来のアドレスとは異なるアドレスを設定し、知り合いや有名企業などから届いたように装ったメールのことでございます。
【注意】
この対策を行う場合、お客様のメールアドレスを運用(設定)しているサーバー側の作業が必要となります。
ご利用サーバー側の設定等につきましては、弊社では分かりかねるため、恐れ入りますがサーバー会社様または管理者様にご確認ください。

1.設定対象のメールアドレスの確認

まず、以下の2点についてご確認下さい。

 ◆「差出人メールアドレス(from)」に設定しているメールアドレスを確認
 ◆上記メールアドレスを運用(設定)しているDNSサーバーを確認

DNSサーバーがご不明な場合は、ご利用のサーバー会社またはサーバー管理者様にご確認ください。

2.サーバー会社へ設定方法の確認

上記【1】で確認したDNSサーバーの管理会社または管理者様に以下2点についてご確認ください。

 ◆SPF(TXT)レコードの設定の可否
 ◆設定できる場合、具体的な設定方法

【注意】
SPF(TXT)レコードの設定ができない場合、なりすましメールの誤判定対策は行えません。

3.SPF(TXT)レコードを設定する

SPF(TXT)レコードの設定が可能な場合、サーバー会社またはサーバー管理者様から提示された設定方法に従って、SPFレコードの設定を行います。

■追加するSPFレコード

TXT “v=spf1 ip4:ご利用フォームのIPアドレス ~all”
 

上記「ご利用フォームのIPアドレス」は、以下のようにご利用のフォームに応じたIPアドレスに置き換えます。

サーバー名IPアドレス
fs219.xbit.jp59.106.35.111
fs220.xbit.jp
fs223.formasp.jp
fs221.xbit.jp
59.106.126.136
fs222.formasp.jp
既にSPFレコードが存在する場合は、上記のうち、「ip4:ご利用フォームのIPアドレス」のみを既存のSPFレコードに追加してください。

 

<設定例>
「fs219.xbit.jp」サーバーを利用しており、「From(送信元)」のメールアドレスが「example@example.com」の場合

1.ドメイン「example.com」のDNSサーバ管理会社または管理者を確認する
2.DNSサーバ管理会社または管理者にSPF(TXT)レコードの設定方法を確認する
3.以下のようなSPF(TXT)レコードをDNSレコードに追加する

●ホスト名:example.com
●レコード名:TXT
●値:”v=spf1 ip4:59.106.35.111 ~all”

 
以上です。
ご不明点は下記サポートセンターまでご相談下さい。
 

【Xform】担当者/契約者情報変更

契約者情報と担当者情報について

ご契約時は「契約者」と「担当者」は同じ情報で登録されております。
この情報は、ご希望に合わせて変更することが可能です。

—————————————————————
【契約者】契約の所有者様の情報

【担当者】契約の連絡窓口となる情報
—————————————————————

※弊社からのご案内は全て【担当者】宛にお送りしております。

契約者情報の変更方法

契約者情報変更依頼フォームよりご依頼ください。
弊社より現在の契約者様にお電話にて確認後、変更させて頂きます。

また「契約者情報」と「担当者情報」両方を変更希望の場合は、
その旨を上記フォームの「備考」にご記入ください。

※お電話での連絡は順次行っております。
 2~3営業日頂いております。
 即日対応ではございませんので、ご了承ください。

担当者情報の変更方法

担当者情報変更依頼フォームよりご依頼ください。

担当者情報変更依頼フォームからは「契約者情報」の変更はできませんのでご注意ください。
弊社にて現在登録されている「担当者情報」と一致していることを確認次第、変更させて頂きます。

※予備メールアドレスの追加をご希望の場合は、「備考欄」に『予備メールアドレス追加希望』の旨をご記入の上、追加希望メールアドレスをご記入ください。

【Xbit】パスワードの変更(確認中)

パスワードの種類

エクスビットで利用するアカウントは2種類あります。
 

管理ツールアカウント
(システム管理者用)
管理ツールにログインするためのアカウントです。
FTPアカウント
(web管理者用)
FTPでサーバーへファイルをアップロードするためのアカウントです。

パスワードは管理ツールより任意のパスワードに変更することができます。
管理ツールのログイン方法は、こちらを参照してください。

 

管理ツールパスワードの変更と有効期限設定手順

1.「パスワードを変更する」をクリック

Xbit-パスワード-1

 

2.管理ツールパスワードを入力し、「変更」をクリック

【注意.1】
パスワードは、アカウント名を含まない、半角の「英小文字」「英大文字」「数字」「記号」のうち3種類以上を使った8~16文字で設定してください。

●使用可能記号 ⇒ @ % ^ ? _ ~ (すべて半角)

【注意.2】

●現在と同じパスワードは設定できません。
●前回と同じパスワードは設定できません。

1

【参考】パスワードの有効期限
使用している管理ツールパスワードの有効期限を設定する事ができます。

2

「無期限」「半年」「一年」から選ぶことが出来ます。
初期設定では「一年」が設定されています。


3.完了メッセージを確認して「OK」をクリック

3

 

FTPパスワードの変更手順

1.「パスワードを変更する」をクリック

Xbit-パスワード-1

2.FTPパスワードのパスワードを入力して「変更」をクリック

【注意】【注意.1】
パスワードは、アカウント名を含まない、半角の「英小文字」「英大文字」「数字」「記号」のうち3種類以上を使った8~16文字で設定してください。

●使用可能記号 ⇒ @ % ^ ? _ ~ (すべて半角)

【注意.2】

●現在と同じパスワードは設定できません。
●前回と同じパスワードは設定できません。

4

 

3.完了メッセージを確認して「OK」をクリック

5

 

 

【Xbit】各種サーバー情報確認方法

ご利用頂いている各種サーバー情報の確認が出来ます。
メールサーバー名やFTPサーバー名を確認したい場合は、管理ツールをご覧ください。

 

サーバ情報確認方法

1.管理ツールにログイン

管理ツールログイン方法はこちらをご参照ください。

 

2.「情報の確認/変更」の「サーバー情報確認」をクリック

[Xbit]サーバー情報確認-1

 

3.各種サーバーを確認

▼サーバ基本情報

[Xbit]サーバー基本情報

ご利用サーバ名現在利用しているサーバ名を確認です。
ご利用サーバIPアドレスご利用頂いているサーバのIPアドレスです。
ご利用ドメイン名ご利用頂いているドメイン名です。

▼Webでのアクセス

[Xbit]Webでのアクセス

Webサーバ使用可能なURLをご案内しています。

▼FTPでのアクセス

FTPソフトに設定する情報を確認できます。
尚、「FTPユーザ名」と「FTPパスワード」は「アクセス解析」を確認する時にも利用します。

[Xbit]FTPでのアクセス

FTPサーバFTPソフトに設定する時に仕様するサーバ名(ホスト名)です。
FTPユーザFTPサーバに接続するときのユーザ名(アカウント名)です。
ウェブ統計にアクセスするときのアカウント名としても使用します。
FTPパスワードFTPサーバに接続するときのパスワードです。
ウェブ統計にアクセスするときのパスワードとしても使用します。

▼メール送受信

メールサーバー名は送受信ともに同じです。
ドメイン名を使用したい場合は「mail.ドメイン名」を、直接サーバ名を指定したい場合は「ご利用サーバ名」をご利用下さい。

[Xbit]メール送受信

受信メールサーバ(POP)受信サーバーに指定するサーバ名です。
送信メールサーバ(SMTP)送信サーバーに指定するサーバ名です。

▼DNS

ドメインが外部管理の場合、下記ネームサーバー情報をご設定下さい。

[Xbit]DNS

プライマリサーバプライマリに指定するサーバ名です。
IPアドレスプライマリサーバーのIPアドレスです。
セカンダリサーバセカンダリに指定するサーバ名です。
IPアドレスセカンダリサーバのIPアドレスです。

 

以上です。

【Xbit】解約の手続き

解約のお手続き方法についてご案内致します。
満期解約でのご解約の場合、解約申請書のご提出は不要となります。

契約期間途中での解約時には、支払い済みのご利用料金は解約違約金扱いとなり返金できません。

また以下の場合は返金保証対象となります。

◆新規お申込み日から30日以内の解約
◆更新手続き後、次の契約開始日から30日以内の解約
【注意】
返金保証期間であっても、ドメイン料金、専用SSLオプション料金は返金できません。
なお、振り込み手数料はお客様負担となりますのでご了承ください。

1.解約申請手順

1.Xbitのホームページ上部「会員ログイン」をクリック

Xbit-更新-1

2.「ユーザID」「パスワード」を入力してログイン

xbit-ログイン-1

管理ツールへログインするパスワードがわからない場合は、こちらをご参照ください。

3.「ご解約」をクリック

[Xbit]解約-1

4.「解約申請書」のPDFファイルをダウンロード

ファイルのアイコンをクリックして、解約申請書をダウンロードします。

[Xbit]解約-2

▼オプション:Xcart・Xformの解約の場合

オプションの「Xcart」もしくは「Xform」を解約する場合は、下記アイコンから専用の申請書をダウンロードします。

[Xbit]解約-3

 5.「解約申請書」を提出

必要事項をご記入の上、メールかFAX、郵送にてご提出ください。
※満期解約の場合、解約申請書のご提出は不要です。

【申請書送り先】
◆メール
brs-support@xbit.jp
※解約申請書の画像やPDFファイルを添付してお送り下さい。
◆FAX
03-5361-6106
◆郵送
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-12 S-FRONT代々木
株式会社ラクスライトクラウド エクスビット解約係 宛

2.注意事項

解約にあたり、以下の注意事項を十分ご確認の上お手続きください。

【1】
「解約申請書」内に記入する契約者情報と、弊社に登録されている契約者情報と完全に一致致しませんと、受理することができません。 必ず現在の契約者情報をご確認の上ご記入ください。

現在の契約者情報は、管理ツール内の「お客様情報確認/変更」よりご確認頂けます。

【2】
「解約申請書」には必ず押印が必要となります。法人契約の場合は法人印、個人契約の場合は個人印を押印ください。

契約者情報不一致、押印間違い・押印漏れ、その他記入漏れがある場合、「解約申請書」を再提出頂くこととなりますので、ご注意ください。

【3】
契約期間途中での解約の場合、支払い済のご利用料金は解約違約金扱いとなり返金できません。但し、新規お申込み日より30日以内での解約の場合は、全額返金致します。

ドメイン料金・SSL料金・書面発行等、実費が発生しているものは返金できません。

【4】
弊社営業時間外に届いた「解約申請書」は翌営業日以降に処理致します。 アカウントの停止日の指定やドメインの有効期限には十分ご注意ください。