文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

≪Mac Mail yosemite≫IMAPの設定

【POP】と【IMAP】の違い

POPサーバーに届いたメールをメールソフトにダウンロードしてメールを確認する方法。
基本的に、サーバ内にメールデータは保存されません。
IMAPサーバーに届いたメールをメールソフトにはダウンロードせず、サーバーにデータを残したまま確認する方法。

 

IMAPを利用するにあたっての注意点

▼サーバー内のメール削除
「IMAP」でメールを受信する場合、サーバー内にメールが残るため、そのままにしておくといずれメールボックスの容量が一杯になりメールが受信できなくなります。

また、メールソフトもしくはサーバー上からメールを一度に大量のメールを削除した場合、サーバー高負荷の原因となります。
サーバーが高負荷になった場合、同じサーバを利用しているすべてのお客様において、メールが送受信できない等の影響がでる可能性がございます。

「IMAP」を利用する場合は、必ず定期的にサーバー内のメールを削除するようお願い致します。

 

▼「IMAP」アカウントの追加
また、既に「POP」にて設定されているアカウントを「IMAP」に変更することはできません。
「IMAP」での受信に変更したい場合は、新規でアカウントを設定し直してください

 

IMAPの設定手順

1.Mac Mailを起動

yosemite-1

 

2.「メール」から「環境設定」をクリック

初めてMac Mail を立ち上げる場合は、2.アカウント情報の設定へ進んでください。

yosemite-2

 

3.左下にある「+」をクリック

yosemite-3

 

4.「その他のメールアカウントを追加…」を選択し、「続ける」をクリック

 yosemite-4

 

5.必要情報を入力し、「作成」をクリック

yosemite-5

氏名任意
メールアドレス設定するメールアドレスを入力
パスワードメールアドレス作成時のパスワードを入力

 

6.「次へ」をクリック

yosemite-6

 

7.受信サーバー情報を入力し、「次へ」をクリック

 yosemite_IMAP-1

アカウントの種類IMAP
メールサーバmail.ドメイン名
ユーザ名設定するメールアドレスを入力
パスワードメールアドレス作成時にご自身で設定したパスワードを入力

8.証明書の確認メッセージを確認し、「接続」をクリック

 yosemite-8 

【参考】共用SSLを使用している関係上、ドメイン名を使用するとアクセス時に確認エラーが出ます。

 

9.送信サーバーの必要情報を入力し、「作成」をクリック

yosemite-9 
 ▲「次へ」ボタンは情報を入力するとクリック可能になります。
 

SMTPサーバーmail.ドメイン名
ユーザ名メールアドレス名
パスワードメールのパスワード

 

10.「詳細」を開いて、必要項目を変更

 yosemite_IMAP-3

アカウント設定を自動的に検出して管理チェックを外す
SSLを使用チェックを外す
認証パスワード
セキュリティで保護されていない認証を許可チェックを入れる

 

11.「アカウント情報」をクリックし「送信用メールサーバー」部分をクリック 

 yosemite_IMAP-2

 

12.「SMTPサーバリストを編集…」をクリック

yosemite-13

 

13.追加した送信サーバーを選択し、「詳細」クリック

 yosemite-14

 

14.必要項目を変更して「OK」をクリック

 yosemite-15

アカウント設定を自動的に検出して管理チェックを外す
ポート587 or 25
SSLを使用チェックを外す
認証パスワード
セキュリティで保護されていない認証を許可チェックを入れる
ユーザ名メールアドレス名
パスワードメールアドレスパスワード

 ご利用のプロバイダ等によってポート番号が異なります。

 

15.左上の赤い「●」をクリック 

 yosemite_IMAP-4

 

16.「保存」をクリック

 yosemite_IMAP-5

 

以上で設定は完了です。

 


印刷する 印刷する