文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールの認証設定

メールの認証設定は、ご利用の環境によって異なります。
以下の「6パターン」の「認証設定」と「ポート番号」の組み合わせより、どの方法で送信が可能か確認の上、有効な組み合わせをご選択ください。

パターン①ポート番号: 25 + 認証方法:認証なし
パターン②ポート番号: 25 + 認証方法:SMTP認証
パターン③ポート番号: 25 + 認証方法:POPbeforeSMTP認証
パターン④ポート番号:587 + 認証方法:認証なし
パターン⑤ポート番号:587 + 認証方法:SMTP認証
パターン⑥ポート番号:587 + 認証方法:POPbeforeSMTP認証
IMAPをご利用の場合は、「パターン①②④⑤」の4パターンとなります。

 

1.認証設定の確認・変更手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

Outlook2013-11 

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

 Outlook2013-13

 

4.対象のアカウントを選択し、「変更」をクリック

Outlook2013-PW-1 

5.「詳細設定」をクリック

 Outlook2013-認証-1

 

▼認証設定
 6.「送信サーバー」タブをクリック

認証なし「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れない
SMTP認証【1】「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れる
【2】「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択
POPbeforeSMTP認証【1】「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れる
【2】「メールを受信する前に受信メールサーバーにログオンする」を選択

 Outlook2013-7

 

▼ポート番号
7.「詳細設定」タブをクリック
「送信サーバー(SMTP)」の初期値は「25」になっています。
環境に合わせて、「25」または「587」を指定してください。
ご利用のプロバイダ等によってポート番号が異なります。

 Outlook2013-8

 

8.「OK」をクリック

 

9.「次へ」をクリックし、アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-PW-3  

10.「次へ」をクリック

 

11.「完了」をクリック

 Outlook2013-10

 


印刷する 印刷する