文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

≪Outlook2016(2019、Office365)≫メールをサーバに残す設定

1つのメールアドレスに対して複数の環境(メールソフト)で受信する場合、すべての環境でサーバーにメールを残す設定にしておく必要があります。

サーバにメールを残す、またはサーバから削除する設定は、基本的に以下の3通りがあります。
ご希望の運用に合わせて設定してください。

サーバーにメールのコピーを置くPOPで受信したあとも、サーバー内にメールのコピーが残ります。
○日後にサーバーから削除するPOPで受信したあと、指定した日数経過後にサーバーからメールが削除されます。
メールソフトから削除されたら、サーバから削除するメールソフトから削除されると、同時にサーバーからメールが削除されます。
メールソフトによって、一部設定できない場合があります。

【注意】サーバーにメールを残し続けると、サーバー内のメールボックスがいっぱいになり突然メールが受信できなくなりますので、定期的にサーバー内のメールを削除してください。
【注意】サーバーからメールが削除された時点でまだ受信していない環境(メールソフト)では、削除されたメールを受信することはできません。

 

1.設定手順

1.メールソフト「Outlook2016」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

Outlook2013-11 

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

 Outlook2013-13

 

4.対象のアカウントを選択し、「変更」をクリック

Outlook2013-PW-1 

5.「詳細設定」をクリック

 Outlook2013-認証-1 

6.「詳細設定」タブをクリックし、「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェック
  運用に合わせて、同時に削除の設定も行ってください。

Outlook2013-コピー-1 

 

7.「OK」をクリック

 

8.「次へ」をクリックし、アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-PW-3  

9.「次へ」をクリック

 

10.「完了」をクリック

 Outlook2013-10

 


印刷する 印刷する