文字サイズ変更    
印刷する 印刷する

サーバ内のメールを直接削除する(Windows編)

メールが急に受信できなくなった際、メールサーバの契約容量の超過や、容量の大きなメールや破損しているメールが詰まっていることが原因となっている場合があります。
その場合、サーバ内にたまっているメールまたは問題になっているメールを削除することで、メールが受信できないという問題を解消することができます。

ご利用頂いているパソコンのOSがWindowsの場合、「nPOP」というソフトを利用して、サーバ内のメールを直接操作することが可能です。
以下に「nPOP」を利用してサーバ内のメールを削除する方法をご案内致します。

1.nPOPのダウンロード

下記サイトよりご利用のパソコンに「nPOP」をダウンロードします。 

nPOP公式サイト : http://www.nakka.com/soft/npop/

 

ダウンロードが完了したら、圧縮ファイルを展開します。

ファイルの解凍するためには、解凍ソフト等を利用してください。

 

2.アカウント設定

1.nPOPを起動

展開したフォルダ内の「nPOP.exe」を開きます。

2.対象のメールアドレスのアカウント情報を設定

※アカウント設定画面が開いていない場合、「アカウント」⇒「設定」を選んで下さい。

npop-1

アカウントの名前任意の名前を付けて下さい。
POP3サーバご利用のサーバ名を入力して下さい。 例)mail.ドメイン名
ポート番号110(そのまま)
ユーザ名メールアドレス名を入れて下さい。
パスワード メールアドレス作成時のパスワードを入力して下さい。
 

 

3.メールの受信

1.「新着チェック」をクリック

npop-2

 

2.新着メールを確認

npop-3

 

4.メールの削除

1.削除したいメールを右クリックし、「削除用にマーク」を選択

 npop-4

 

2.「削除マーク」がついたことを確認

npop-5

 

3.「送受信」をクリックし、「マークを実行」をクリック

npop-6

 

4.確認画面の内容を確認し、「はい」をクリック

必ず警告画面が表示されますので、削除しても問題ない場合は「はい」をクリックします。

【注意】一度サーバからメールを削除すると元に戻すことが出来ません。
削除する際は慎重に作業を行って下さい。

 

npop-7

 

5.削除完了

サーバからメールが削除されると一覧表示より対象のメールがなくなります。
以上でサーバ内のメールの削除が完了です。


印刷する 印刷する