【WEBメール】サーバ移行後のアドレス帳移行方法

誠に申し訳ございませんが、2020年11月~2021年6月にかけての新構成サーバーへの移行に伴い、WEBメール(RoundCube)のアドレス帳について、仕様により弊社側にて一括移行を行う事が出来ませんでした。

お手数ですが、下記マニュアルをご参照の上、お客様側にてご対応頂きますようお願い致します。

0.旧サーバーのWEBメールにアクセス

【参考】事前に旧サーバーのWEBメールでファイルをエクスポートしている場合は、下記作業は不要です。「4.アドレス帳のインポート方法」までお進み下さい。

「hostsの書き換え」を行う事で、旧サーバーにアクセスする事が可能となります。
下記マニュアルをご参照の上、hostsの書き換えを行って下さい。

◆hostsファイルの書き換え◆

現在のサーバー名が不明な場合、管理ツール画面上で確認が可能です。
ご不明の場合、下記マニュアルをご参照下さい。

◆【Xbit】各種サーバー情報確認方法◆
◆【Gigaan】各種サーバー情報確認方法◆
◆【PremierXbit】各種サーバー情報確認方法◆

尚、サーバーのIPアドレスについては、下記ページをご参照下さい。

◆[サーバリプレイス]新旧環境のサーバー名、IPアドレス一覧◆

1.旧サーバーのウェブメールへログイン

1.コントロールパネルにログイン

コントロールパネルにログインをします。
各サービスごとのログイン方法は下記をご確認ください。

▼エクスビット▼プレミアエクスビット▼ギガーン

2.「メール」メニューをクリック

メール画面

 

3.ログインしたいメールアドレスのウェブメールアイコンをクリック

webmail6

4.必要情報を入力してログイン

WEBメール[ログイン]-3

ユーザー名メールアドレスを入力
パスワードメールアドレス作成時に設定したパスワードを入力

5.画面が開いたらログイン完了

WEBメール[ログイン]-4

2.アドレス帳のエクスポート方法

1.右上の「アドレス帳」をクリック

2.左上の「エクスポート」をクリック

3. ファイルをダウンロード

以上で完了です。

 

3.hostsファイル内の記述の削除

先程のhostsファイル内に追記した記述を削除し、上書き保存を行って下さい。

【注意】記述が残っていると、旧サーバーのWEBメールにアクセスしてしまいます。

4.アドレス帳のインポート方法

1.右上の「アドレス帳」をクリック

2.左上の「インポート」をクリック

3.ファイルを選択

4.「グループの割り当てをインポート」は『すべて(必要ならグループを作成)』を選択

5.下部の「インポート」をクリック

以上で完了です。

【WEBメール】アドレス帳の移行方法

1.ウェブメールへのログイン

1.コントロールパネルにログイン

コントロールパネルにログインをします。
各サービスごとのログイン方法は下記をご確認ください。

▼エクスビット▼プレミアエクスビット▼ギガーン

2.「メール」メニューをクリック

3.ログインしたいメールアドレスのウェブメールアイコンをクリック

4.必要情報を入力してログイン

WEBメール[ログイン]-3

ユーザー名メールアドレスを入力
パスワードメールアドレス作成時に設定したパスワードを入力

5.画面が開いたらログイン完了

WEBメール[ログイン]-4

2.アドレス帳のエクスポート方法

1.右上の「アドレス帳」をクリック

2.左上の「エクスポート」をクリック

3. ファイルをダウンロード

以上で完了です。

3.アドレス帳のインポート方法

1.右上の「アドレス帳」をクリック

2.左上の「インポート」をクリック

3.ファイルを選択

4.「グループの割り当てをインポート」は『すべて(必要ならグループを作成)』を選択

5.下部の「インポート」をクリック

以上で完了です。

WordPress Toolkit(簡単インストール機能)

新サーバーのPlesk(サーバーコントロールパネル)より、
WordPress Toolkitを使用して、WordPressの自動インストールが可能となります。

【注意】
既にWordPressをインストールされている場合、
WordPress Toolkitを使用する事で不具合が生じる場合がございますので、ご注意ください。

WordPress自動インストール手順については、下記公式Pleskマニュアルをご参照ください。

WordPress Toolkitマニュアル

尚、弊社共用サーバーの仕様にて、上記マニュアル内の一部機能が使用できない物もございます。

ご不明点は下記サポートセンターまでお問い合わせください。

各サポートセンター窓口

エクスビットhttps://fs220.xbit.jp/r722/form2/
ギガーンhttps://fs223.formasp.jp/n367/form29/
プレミアhttps://fs223.formasp.jp/n367/form2/

ウェブメールの利用(horde・専用サーバー用)

WEBメール(horde)の利用方法

「horde」とは弊社のレンタルサーバーで採用しているWebメール機能を実現しているソフトウェアの名称です。

 

【注意】
Hordeは海外製ソフトウェアの為、完全に日本語対応しているわけではないので、文字化けする場合がございます。特に機種依存文字や全角ローマ字などは文字化けの原因となりますので、使用をお避け下さい。

Webメール機能の特徴

パソコンとインターネット環境があれば、ブラウザからのアクセスだけでどこからでも自分のメールの送受信が出来るので、外出先などからメールをチェックしたり送信したりする事が出来ます。

Webメールを使うには

ブラウザのアドレスバーに現在ご利用頂いているドメイン名のURL(www.は含まない)の先頭に「webmail.」をつけてアクセスします。
例:「example.com」なら、「http://webmail.example.com」と入力します。

ログイン方法

Webメール画面へアクセスすると以下のようなログイン画面が表示されますので、ユーザー名とパスワードを正しく入力し、「ログイン」をクリックします。

Webメールの設定

ログイン画面

 

正しいユーザー名とパスワードを入力するとログイン出来ます。
ログイン後、左側のメニューにある「電子メール」をクリックしますと以下のような受信トレイ(INBOX)画面が表示されます。ここからメールを送受信したりする事が出来ます。

Webメール管理画面

メールの送信

受信トレイ画面の上にある「New Message(N)」をクリックします。

メールの書き方

別のウィンドウでメール送信フォームが表示されますので、あとは通常のメールソフトと同様の感覚で宛先(To)・件名(Subject)・本文(M)を入力し、最後に「メールの送信」をクリックするとメールは送信されウィンドウが閉じられます。

【参考】※ファイルを添付するには※
メール作成画面の下部に添付ファイルを追加する為のボタンもあります。「参照…」をクリック後コンピュータ内のファイルを選択し、「更新」ボタンをクリックする事でメールにデータを添付する事が出来ます。
【注意】添付ファイルを追加する際の注意事項:添付ファイル名に半角英数字以外(日本語など)が含まれていると、ファイルを正常に添付出来ませんので必ず半角英数字の状態で追加して下さい。

Webメールの設定

差出人名・署名を設定するには(任意設定)

Hordeのトップ画面の左側のメニューから「オプション」->「電子メール」の順にクリックします。

電子メールをクリック

「一般的オプション」にある「個人情報」をクリックします。

「IDの名前」、「あなたの氏名」、「あなたのFrom:アドレス」、「署名」の入力欄に適宜入力を行って下さい。

項目名設定の内容入力例
IDの名前プロファイル名ですので、自分がわかりやすいものを入力します・ マイアドレス
・ 田中太郎(※)
・ T.Tanaka etc…
あなたの氏名差出人名として表示させたい名称を入力します。・ 田中太郎(※)
・ T.Tanaka etc…
あなたのFrom:アドレス特に指定がなければログインしているメールアドレスを入力します。(例)abc@abc.jp
署名メール本文の末尾に挿入される文を入力します会社名、担当者名、電話番号 etc…
その他各項目(英語)特に入力する必要はありませんので空欄で構いません。空欄
【注意】
差出人名の部分はなるべく半角英数字を使うようにして下さい。Hordeは海外製ソフトウェアの為、完全に日本語対応しているわけではないので、文字化けする場合がございます。

署名の設定

署名の設定

全ての入力が完了したら、画面最下部にある「オプションを保存」をクリックする事で設定が反映され設定作業はこれで完了になります。

オプションを保存

届いたメールを確認するには

メールが届いている場合は「電子メール」->「INBOX」をクリックするとメイン画面に受信したメールの件名と差出人名の一覧が表示されますので、見たいメールの件名のテキスト部分をクリックすればメールを見る事が出来ます。

INBOXをクリック

件名をクリックするとメールの内容を表示出来ます。

メールの詳細

受信メールの処理

メールの本文表示画面の日付の行の上にあるコマンド名をクリックする事で、メールに対して各種動作を指定・実行する事が出来ます。

メール詳細画面

削除メールに削除マークをつけます。
※削除マークをつけただけでは削除されませんので、INBOX画面で「ゴミ箱を空にする」をクリックする必要があります。
返信メールに返信します。
転送届いたメールを編集して他のアドレスに転送できます。
そのまま転送メールを編集せずそのまま他のアドレスに転送できます。
スレッド表示メールの内容のみを表示します。
ブラックリスト送信者メールアドレスを受信拒否リストに追加します。
ホワイトリスト送信者メールアドレスを受信許可リストに追加します。
原文メールのヘッダ情報を含んだソース全体を表示します。
保存メールをコンピュータにファイル保存できます。
印刷メールの内容を印刷できます。

メールを削除するには

事前に削除マークをつけたメールを削除するには、左のナビゲーションボックスから「電子メール」->「INBOX」の順にクリックし、メイン画面にある「ゴミ箱を空にする」をクリックして下さい。

※削除マークがついているメールは、取消し線で表示されています。

メール削除

「ゴミ箱を空にする」をクリックすると削除マークがつけられていたメールが削除されます。

メール削除

高機能WEBメール(Active mail)の利用方法

本マニュアルでは、オプション追加で利用可能な【Active mail!(高機能WEBメール)】についいてご案内しております。

高機能Webメールのオプションをお申込み頂くことによってActive Mailというさらに高機能なWebメールのご利用が可能です。アクティブメール管理画面の右上にヘルプがございますのでそちらも併せて設定の参考にして下さい。

1.ログイン方法

1.高機能WEBメールのログイン用URLにアクセスをして、ログインページを開く

PC用管理画面https://acml.jp
モバイル用管理画面https://acml.jp/am_bin/mlogin

2.ユーザID、パスワードを入力して「ログイン」をクリック

【注意】
最初にログインをしたメールアドレスがユーザとして登録され、後から変更することができません。
ご利用されるメールアドレスを決定した上でログインをして頂きますようお願い致します。

a-1

ユーザIDログインしたいメールアドレス名を入力します。
パスワードログインするメールアドレスのパスワードを入力します。

 

2.メールの受信

タブメニューの「メール受信」をクリックすると、受信したメールの一覧が表示されます。
確認したいメールをクリックして、本文を確認する事が可能です。

a-3a

【参考】 新着を確認したい場合は、「更新」ボタンを押すことで情報を更新する事が可能です。

a-3b

 

 

3.メールの送信

1.タブメニューの「メール作成」をクリック

a-4

 

2.メールを作成画面にてメールを作成

a-5

別の画面が開いてメール作成画面になります。
こちらより宛先・本文の入力をして「送信」ボタンを押せばメール送信が出来ます。

【注意】
特殊文字や機種依存文字は文字化けを起こすこともありますのでお気を付け下さいませ。またサーバーの仕様上、「ツール」設定にある転送設定は出来ませんので予めご了承下さい。

 

3.画面下の「送信」をクリックして送信完了

 

4.メール操作

受信もしくは送信したメールの状態を変えるときは、以下の手順で行います。

1.操作をしたいメールのチェックボックスにチェックを入れる

2.画面右上の「メール操作」をクリック

aメール操作-1

 

3.操作したい内容を選択する

各操作の内容については下記を参照してください。

移動メールを別のフォルダに移動します。
移動先のフォルダを選択すると、その選択したフォルダにメールが移動されます。
コピーメールを別のフォルダにコピーします。
コピー先のフォルダを選択すると、その選択したフォルダにメールがコピーされます。
振り分け表示しているメールフォルダ内のメールを設定したフィルタリングの条件に従って振り分けます。
振り分けの設定はツール画面の「フィルタリング」で行います。
迷惑メール登録メールを「迷惑メール」フォルダに移動し、迷惑メールとして登録します。
学習型迷惑メールフィルタを使用している場合は、
該当メールの内容を迷惑メールとして学習します。
学習型迷惑メールフィルタの設定はツール画面の「迷惑メールフィルタ」で行います。
未読にするメールを未読状態にします。
メール一覧のアイコン表示が未読状態に変わります。
メールを手動で未読状態にすることでメールが整理・分類しやすくなります。
既読にするメールにフラグを付けます。
メール一覧にフラグが表示されます。
メールにフラグ(マーク)を付けることでメールが整理・分類しやすくなります。
フラグをつけるメールにフラグを付けます。
メール一覧にフラグが表示されます。
メールにフラグ(マーク)を付けることでメールが整理・分類しやすくなります。
フラグを削除メールに付けたフラグを削除します。
ごみ箱へ移動メールをごみ箱へ移動します。
削除メールを完全に削除します。
一度削除したメールは復旧することが出来ませんので、ご注意ください。
ごみ箱を空に「ごみ箱」フォルダ内を全て削除します。
ごみ箱を空にした後で、中にあったメールを復旧することは出来ませんのでご注意ください。

 

5.メールの検索

WEBメールで送受信したメールを検索する事が出来ます。

1.「メール受信」ページ左にある検索ボックスを確認

2.検索したいキーワードを入力して、「検索」をクリック

a検索-3

 

【参考】

検索の条件を細かく指定する事が出来ます。

1.「詳細検索」をクリック

a検索-1

2.条件を選択して、検索キーワードを入力して「検索」をクリック

a検索-2