FTPへのアクセス制限

FTPへのアクセス制限(一部または全部のIPアドレスのアクセス拒否)方法をご案内します。

【注意】
プロバイダにより固定IPを割り振られていることが必須条件です。
固定IPなのか分からない場合は、ネットワーク管理者様かプロバイダ様にご確認下さい。
また制限できるのはFTPのみです。SFTPは制限できません。

1.管理ツールからコントロールパネルにログイン
コントロールパネルへのログイン方法に関してはこちらを参照願います。

2.「ファイル」をクリック

3.「新規ファイルを作成」をクリック
下記では「httpdocs」(サイト全体)にアクセス制限を行うことを想定してご案内しています。
もしディレクトリごとにアクセス制限をしたい場合は、対象のディレクトリ内に『.ftpaccess』ファイルを作成して下さい。

 4.『.ftpaccess』と入力し、「OK」をクリック

5.『.ftpaccess』をクリック

6.「テキストエディタで編集」をクリック

plesk5-2

7.下記内容を記述し、「OK」をクリック

ftpaccess-3-2

記入内容は下記の内容をご参照下さい。

特定IPアドレス以外のアクセスを拒否する場合

Order Deny,Allow
Deny From all
Allow From 「許可するIPアドレス」

  ◆全てのFTPアクセスの拒否する場合

<Limit ALL>
Order Allow,Deny
Deny From All
<⁄Limit>

 ※最後尾には改行を入れて下さい。
 

8.「正常に保存されました」と表示が出ましたら、完了

右上にポップアップ表示されます。

plesk7-2

以上で完了です。

ホームページビルダー

WEB制作ソフトホームページビルダー(このマニュアルではバージョン20を使用)の初期設定方法をご案内しております。

初期設定

1.利用サーバーのFTPアカウント情報を確認

設定をするFTP情報を確認する。
確認方法はご利用サービスごとに異なるので、下記ページをご参照ください。

▼エクスビット▼プレミアエクスビット▼ギガーン▼エクスカート

 

2.ホームページビルダーを起動

 

3.「サイト」をクリックし「転送設定の一覧/設定」をクリック

hpb_ma-1

 

4.「設定追加」をクリック

hpb_ma-2

 

5.「その他のプロバイダを使用する」を選択して「次へ」をクリック

hpb_ma-3

 

6.必要項目を選択・入力して「完了」をクリック

hpb_ma-4

プロバイダの選択「その他」を選択
FTPサーバー名「ftp.ドメイン名」を入力
FTPアカウント名「FTPユーザ名」を入力
FTPパスワード「FTPパスワード」を入力
転送先フォルダ「/httpdocs」と入力
転送設定名任意の設定名を記入
サイトのURL「http://ドメイン名」と入力

※「ドメイン名」はお客様のご利用ドメイン名に置き換えてください。

 

7.「転送設定一覧」に作成した設定名が追加されていることを確認

hpb_ma-5

 

以上で初期設定は終了です。
その他の操作方法は、ホームページビルダーのマニュアルをご参照ください。

高機能アクセス解析(AWStats)

高機能アクセス解析のオプションをお申込み頂くことによってAWStatsというさらに高機能なアクセス解析を閲覧することが可能です。

オプション申込み時に送付されるメールの内容に従ってアクセス解析のトップページへアクセスできます。(翌日午前中から閲覧が可能となります)

高機能アクセス解析ページにログイン

1.解析ページ用URLにアクセス

【注意】
訪問者のアクセスページが「http」か「https」によって、 アクセス解析閲覧ページは異なっております。

高機能アクセス解析ログインURL(http解析)http://利用ドメイン名/plesk-stat/webstat/
高機能アクセス解析ログインURL(https解析)http://利用ドメイン名/plesk-stat/webstat-ssl/

【注意】
セキュリティ証明書の警告が出る場合がございます。
これは「専用SSL証明書オプション」にて専用SSL証明書が設置されていない状態で、「https」ページにアクセスするため、警告画面が表示されます。
セキュリティには問題ありませんのでご安心下さい。

※使用するブラウザによって表示内容が異なりますが、どのブラウザでもそのまま先に進む選択をしてください。


2.情報を入力して「ログイン」をクリック
「ユーザー名」と「パスワード」は、オプションを追加した後に届くメールに記載されております。


ac-1

3.ログイン完了

ac-2

 

各種解析項目について

表示したい月の選択

解析データを表示したい月を選びます。「OK」ボタンをクリックすると、反映されます。

更新月の選択

 

月間アクセスのサマリー

現在、表示している月のアクセスデータのサマリを表示しています。
ここを確認することで、該当月の大体の状況確認が可能です。

0_サマリ

訪問者一意な訪問者の合計数です。
つまり一人の訪問者が時間を置いて再度訪れたとしても一人と数えられます。
訪問数訪問回数の合計数です。
上の訪問者よりも数が多ければ多いほどアクセスのリピート率が高いといえます。
ページブラウザにページが表示された回数となります。
ページビューと呼ばれることもあります。
件数アクセスのあったファイル数の合計です。
画像ファイルやスタイルシートなどページとは判断されないファイルもここには含まれます。
バイト転送量の合計バイト数となります。

 

月別のアクセス数一覧

月々のアクセス数の推移です。
記録とり始めてからのデータが表示されます。

1_月別の統計

 

日別のアクセス数一覧

該当月の日々のアクセス数を表示しています。

2_日別の統計

 

曜日別のアクセス数一覧

該当月の曜日別のアクセス数を表示しています。

3_曜日

 

時間帯別のアクセス数一覧

該当月の時間別のアクセス数を表示しています。

4_時間帯

 

訪問者以外のアクセス数

検索エンジンなどのロボットやスパイダーによるアクセス数を表示しています。

7_ロボット

 

滞在時間

サイトを訪れた人の、滞在時間集計値を表示しています。

8_滞在時間

 

アクセスされたファイルの種類

アクセスされたファイル種類ごとの集計値を表示してます。
画像ファイルなども1つのファイルとして扱われるため、上位は画像やCSSファイルとなります。

9_ファイルの種類

 

ページのアクセスランキング

サイト内のページごとのアクセスランキングを表示しています。
入り口は最初に閲覧されたアクセス数、出口は最後に閲覧されたアクセス数を意味します。

10_ページ数

 

全 OS・ブラウザ内のヒット数ランキング

アクセスした訪問者が使用している、OSやブラウザの集計値です。
サイトの表示チェックの要否を検討する際の参考にしてください。

11_OS 12_ブラウザ

 

アクセス元の検索エンジンランキング

サイトにアクセスしてきた訪問者が、いったいどの検索エンジン経由で来ているのかの集計値となります。

※「外部ページからのリンク」は他サイトのリンクからアクセスされた数と具体的なURLを表しています。アクセス先はサイト内のページ全体が対象となります。

13_接続元

 

検索フレーズ・検索ワードランキング

検索エンジン経由でサイトに訪れたアクセスが、いったいどのような言葉で検索されているかの集計データを表示しています。

検索文字列(キーフレーズ)検索エンジンに入力されたデータの集計値です。
検索ボタンが押された時に入力されていたデータは、
単語であっても文章であってもキーフレーズ(検索文)として集計されます。
SEOを考える際には、キーワードよりもこのキーフレーズを参考にするべきです。
検索文字列(キーワード)キーフレーズ(検索文)を単語に分解して、単語ごとに数を集計した値を表示してます。
実際の検索文とは異なるため参考程度に利用してください。

14_検索

 

ブラウザのお気に入りへの追加率

ブラウザのブックマークへの登録率の集計値を表示しています。

15_その他の情報

 

HTTPエラーコード

アクセス時に出たエラーごとの集計値を表示しています。

 

16_HTTP

hostsファイルの書き換え

ドメイン移転前にサイトを確認する方法の1つにhostsの切り替えがあります。

こちらはテストを始める前にファイルの書き換えが発生するため、若干の手間がかかることと、テスト終了後には編集したファイルを元に戻す必要があるというデメリットがありますが、本番と同等の環境でのテストがおこなえます。

※なお、メールの受信については仕組み上ドメイン移管が完了しないと動作させることができません。

Windows環境の場合

1.hostsファイルを開く

以下のアドレスからhostsファイルをメモ帳等で開きます。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

ファイルが見つからない場合は、【スタート】⇒【ファイル名を指定して実行(R)】
選択してファイルを開いて下さい。

hosts_01

 

2.hostsファイルに記述を加える

メモ帳等で開いたhostsファイルの最終行に以下のような文を追加し、上書き保存をします。

11.11.11.11 www.abc.com abc.com

 

hosts_02

【11.11.11.11】 の部分はサービス開始時にご案内したネームサーバ情報のIPアドレス情報に置き換えて下さい。
abc.com の部分は、ご契約頂いた際のドメイン名となります。 

【参考】登録するIPアドレスは「ネームサーバー切替情報のご案内」「ドメイン移管手順に関しまして」のメールをご確認ください。通常は、【59.】から始まる番号となっております。

 

3.サイトに接続します

以上のhostsの設定をおこなえば、以下のURLでアクセス可能です。

http://www.abc.com
または
http://abc.com

 

4.設定を元に戻す

【2】の設定をしている限り、【3】のURLを利用すると、ご契約のサーバにアクセスしている状態になり、現在ご利用のサーバにはアクセスできなくなります。

テスト終了後は必ず追記した行を削除するようにしてください。

 

Mac環境の場合

1.hostsファイルを開く

アプリケーション >> ユーティリティ >> ターミナル を開き、以下の文章を記述して下さい。

sudo vi /private/etc/hosts
     ↑↑
※矢印の部分には半角スペースが入ります。

 

hosts_03

パスワードが聞かれた場合、パソコンログイン時のアカウントのパスワードを入力してください。

 

2.hostsファイルの書き換え

最後の行数までカーソルを合わせた後に「a」キーを押して入力モードにし、以下の文章を入力して下さい。

11.11.11.11 www.abc.com abc.com

 

hosts_04

11.11.11.11 の部分はサービス開始時にご案内したネームサーバ情報のIPアドレス情報となります。
abc.com の部分は、ご契約頂いた際のドメイン名となります。

【参考】
「ネームサーバー切替情報のご案内」「ドメイン移管手順に関しまして」のメールをご確認ください。
通常は、59.から始まる番号となります。

入力が終わった後は「ESC」キーを押して編集モードを解除し、「Shift」 + 「ZZ」 で変更を保存して終了します。

 

3.サイトに接続します

以上のhostsの設定をおこなえば、以下のURLでアクセス可能です。

http://www.abc.com
または
http://abc.com

 

4.設定を元に戻す

【2】の設定をしている限り、【3】のURLを利用すると、ご契約のサーバにアクセスしている状態になり、現在ご利用のサーバにはアクセスできなくなります。

テスト終了後は必ず追記した行を削除するようにしてください。

CGIの利用方法

弊社サーバでCGIを利用する際に必要となる基本的な情報をご案内いたします。

1.Perlのパス

Perlで記述されたCGIを利用する場合、実行ファイルの1行目には以下をご記載ください。

#!/usr/bin/perl

 

2.CGIが利用可能なディレクトリ

CGIが利用可能なディレクトリは「/httpdocs」となります。
また、CGIプログ ラムは必ず拡張子を「.cgi」もしくは「.pl」にする必要があります。

【注意】
1.サーバ環境によっては、「/httpdocs」と同階層に「cgi-bin」というディレクトリがあり、
 ここでもCGIは動作いたしますが、下記注意点がございます。

 ●SSL(https://~)ではCGIが動作いたしません。
  SSLを利用する場合は「/httpdocs」配下にCGIを配置してください。

 ●「/httpdocs」配下に「cgi-bin」という同名のディレクトリを作成した場合、
  「/httpdocs」配下の「cgi-bin」が優先して参照されます。

2.サブドメイン環境でCGIを利用する場合は、「subdomains/サブドメイン名/httpdocs」
  ディレクトリ直下に下記内容を記述した「.htaccess」ファイルを配置してください。
 
  —————————————
  AddHandler cgi-script .cgi
  —————————————

 

3.CGIファイルのパーミッション

弊社サーバではセキュリティー上、suEXECという仕組みを使ってCGIを動作させています。
このsuEXEC環境では、CGIファイルの所有者以外に書き込み権限を付与できない制限があります。
このため、弊社サーバで利用するCGI関連のファイルに対しては、以下のパーミッションをご設定ください。

CGIプログラム755
ディレクトリ755
記録用ファイル600

 

4.各種プログラムのパス

CGIでsendmailなどの各種プログラムを利用する場合、パスは下記をご指定下さい。

sendmail/usr/lib/sendmail
nkf/usr/bin/nkf