メールの容量上限起因による受信不可について

「mailbox is full」「mail quota exceeded」と出てメールが受信できない場合、メールボックスが容量制限一杯になっている可能性がございます。

使用容量はサーバーコントロール内にて確認できます。
確認方法は下記マニュアルをご参照ください。

 ◆サーバー使用容量の確認

つきましては下記のいずれかの方法にて、サーバーのメールデータの削除を行ってください。

1.メールソフト側でメールボックス内のデータを全て削除する

お使いのメールソフトの設定において、「サーバーに受信したメールデータのコピーを置く」設定を一旦無効にし、メールを送受信することで、サーバ上のメールボックス内のデータが全て削除されます。

または有効期限を設定する事で、それ以前のメールがサーバー上から削除されます

【参考】
POP受信の場合、PC内のメールは削除されません。

各メールソフトにおける設定箇所を確認する場合は、下記ページから
ご利用のメールソフトを選択していただき、「メールをサーバーに残す設定」マニュアルをご参照ください。

◆【共通】メールソフトの設定

2.Webメールからメールデータを削除する

ブラウザ上で利用できるメールソフト「Webメール」から、サーバ上のメールボックス内のデータを削除します。
以下のマニュアルを参考にお試し下さい。

◆ウェブメールの利用(RoundCube)

3.メール削除用ソフトを使用してメールデータを削除する

お使いのPC上にメール削除用ソフトをインストールし、そのソフトで
サーバ上のメールボックス内のデータを削除します。
お使いの環境に合わせて以下のマニュアルをご参照下さい。

◆サーバ内のメールを直接削除する(Windows編)
◆サーバ内のメールを直接削除する(Mac編)

【注意】
こちらのソフトは、メール件数が多いとメールデータの読み込みがエラーになるケースがあります。

尚、もし対象のメールアドレスについて現在ご利用されていない場合は、下記マニュアルを参照の上、メールアドレス自体を削除して頂きますようお願い致します。

【注意】
使用していないメールアドレスが存在する場合、
サーバ容量を使用している状態となり、また迷惑メールの送信元として悪用されてしまうケースがございます。
不正利用防止の為にも不要なメールアドレスは削除頂きますようお願い致します。

◆メールアドレスの削除

以上です。

ディレクトリ構成

ご利用のサーバ上には以下のように様々なディレクトリが存在しています。しかし、実際に使用するのはこの一部になります。
具体的には  「 error_docs 」「 httpdocs 」「 private 」「subdomains」 の4つです。

【注意】
SSL用のファイルも 「httpdocs」 に設置します。
旧環境から引き続きご利用のお客様環境には「httpsdocs」(s有り)がございますが、非公開ディレクトリとなっておりますので、ご注意ください。

以下それぞれのディレクトリの役割です。

error_docs独自エラーページ用ディレクトリです。エラーページの変更方法はこちらを参照願います。
httpdocsHTMLファイルや画像ファイルをアップロードするためのディレクトリです。
ここに設置したファイルは、「http://ドメイン/ファイル名」でアクセスすることが可能です。CGIを動かすことが可能です。CGIを設置する場合は拡張子を「.cgi」もしくは「.pl」に設定してください。
private外部からは一切アクセスできないフォルダです。
公開したくないファイルはこちらに設置します。
subdomainsサブドメイン追加オプションをご契約頂き、サブドメインを追加した場合使用します。
「subdomains/サブドメイン名/httpdocs」にWEBデータをアップロードする事で、サブドメインにてWEBデータを公開する事が可能です。

専用SSL証明書について

ご利用のサービスでは、有料オプションを追加頂く事により、専用SSLが利用できます。

【専用SSL】
独自ドメインで自分専用の証明書を利用できます。
そのため、共用SSLとは違い、重要情報を送るときもドメインが変わることはありませんので、サイトの信頼性は高くなります。
 
無料の共用SSLをご利用希望の方は、こちらをご参照下さい。 
弊社では下記3種類の専用SSLからお選び頂く事が出来ます。

・シマンテック専用SSL証明書
・ジオトラスト専用SSL証明書
・持ち込み専用SSL証明書

シマンテック専用SSL証明書について

初期費用:20,000円(税抜)
月額費用:   7,000円(税抜)  ※サーバー契約期間12ヶ月の場合
     
14,000円(税抜)  ※サーバー契約期間6ヶ月の場合

・公正な第三者によって企業の実在性を証明するSSLです。
シマンテック社が企業情報が掲載されたスマートシールを発行し、アクセスユーザーがシマン テックによる認証をすぐに確認できるため、信頼性の確保に繋がります。
・証明書やSSLシールに含まれる情報は、お客様自身または企業名の情報が含まれ、サイトのセキュリティ証明済みであることを言及する説明文が表示されます。
・審査が必要になるため、14営業日~21営業日程度お時間を頂きます。
・フィーチャーフォン(携帯電話)にも対応
 

ジオトラスト専用SSL証明書について

初期費用:20,000円(税抜)
月額費用:2,000円(税抜)※サーバー契約期間12ヶ月の場合
     4,000円(税抜)※サーバー契約期間6ヶ月の場合

ジオトラスト社発行の専用SSL証明書です。
スピーディーかつ安価に専用SSL証明書の発行・設置が可能でございます。
 
・証明書やSSLシールに含まれる情報は、サイト名、シリアル番号、有効期限の表示のみ、ジオトラストの情報が含まれます。
・ご入金確認後、最短5営業日で設置が可能。
・フィーチャーフォン(携帯電話)にも一部対応
 

持ち込み専用SSL証明書について

初期費用:20,000円(税抜)
月額費用:1,000円(税抜)

 
お客様側にて専用SSL証明書を取得して頂き、弊社にて設置・更新作業を実施致します。
ワイルドカード対応証明書の設置をご希望の方はこちらをご利用下さい。
尚、更新案内は弊社からは行っていない為、お客様側にて証明書有効期限などの管理を行って頂く必要がございます。
なおApache2.0(mod_ssl)に対応した証明書をご用意ください。
このオプションの最低契約期間は、レンタルサーバーの残り契約期間と同じになります。

専用SSLお申し込みの流れ

1.【お客様】オプション申込み

新規お申し込み画面・管理ツール画面よりオプションのお申し込みを行って下さい。
オプション追加方法は下記マニュアルをご参照下さい。

エクスビット・オプション追加
ギガーン・オプション追加
プレミアエクスビット・オプション追加
エクスカート・オプション追加

2.【お客様】必要情報の返信・ご入金手続き

オプション申し込み後、連絡先メールアドレス宛に自動送信メールを送付致します。
専用SSL取得に際して必要な情報を専用フォームよりお送り頂きますようお願い致します。
また併せてご入金のお手続きをお願い致します。

【注意】
「必要情報のご返信」と「SSLオプション費用のご入金」が確認出来ない場合、SSL証明書の取得・設置手続きを行う事が出来ません。

3.【ラクスライトクラウド】SSL発行手続き

お客様必要情報・ご入金など条件が整いましたら、弊社にて専用SSL証明書の取得手続きを実施致します。

4.【お客様】その他取得時の手続き
※対象ドメインの
メールサーバーが外部利用のお客様のみ
外部メールサーバーをご利用のお客様の場合、SSL証明書の取得手続きの際に、お客様側にて承認作業が必要となります。

 ※SSL証明書の提供元より指定メールアドレス宛に承認確認メールが届きますので、こちらのメールの承認ボタンをクリックして頂くという内容でございます。

改めて弊社からメールにてご案内をお送り致しますので、ご対応頂きますようお願い致します。

5.【ラクスライトクラウド】設置日程の案内

取得作業が完了致しましたら、設置日程についてメールでご案内致します。

6.設置完了

設置作業が完了しましたら、お客様へ改めてメールにてご案内致します。

専用SSL設置に関する注意点

■httpページについて
SSL証明書発行後も「http」ページにはアクセス可能な状態となります。
「https」ページに転送(移動)を行いたい場合、リダイレクト転送などを、
「.htaccess」やhtml、JavaScriptなどにてお客様側で設定を行って頂く必要がございます。

■利用可能日時

設置完了後、DNS情報の変更が反映されるまで5日程度掛かりますのでそれまで、Webページにアクセスした際、SSL証明書の警告がでる場合がございます。
DNS情報が反映されますと警告は表示されなくなります。

■IPアドレスの変更

ご利用の共用サーバのIPアドレスより、お客様専用のIPアドレスに変更されます。
専用IPアドレスは設置完了時にご案内致します。
IPアドレスを利用した設定を行っている場合は、ご注意ください。

■暗号化されるURL(シマンテック・ジオトラストのみ)

正しく暗号化して利用できるURLは以下の通りとなります。
※ご希望の指定コモンネームがある場合、別途お申し付けください。

https://www.【取得ドメイン名】/
https://【取得ドメイン名】/

尚、以下のようなwww.以外のサブドメインのURL等の場合はページを表示する際に証明書の警告メッセージが表示されますので、ご注意ください。

https://test.【取得ドメイン名】/

■スマートシールについて(シマンテック・ジオトラストのみ)

スマートシールは取得したコモンネームでのみ有効となります。

(例)コモンネーム https://www.xbit.jp

上記例の場合、www.無しではスマートシールは表示されませんのでご注意ください。

スマートシールの設置については、お客様側での作業となります。設置方法については、設置完了時のメールにてご案内しております。

以上です。

◆各サポートセンター窓口

各サポートセンター窓口

エクスビットhttps://fs220.xbit.jp/r722/form2/
ギガーンhttps://fs223.formasp.jp/n367/form29/
プレミアhttps://fs223.formasp.jp/n367/form2/
エクスカートhttps://fs223.formasp.jp/n367/form8/

【PremierXbit】サブドメインの作成・削除

オプションのサブドメインコントロール機能をお申込みいただいた方には3つまでサブドメインを登録することができます。

【注意】サブドメインオプション(有料)が未加入の場合、サブドメインを作成する事はできません。サブドメインオプション(有料)の料金についてはオプション料金ページをご参照下さい。
またオプションの追加方法についてはオプションの追加をご参照下さい。
【サブドメインとは】

あなたが premierxbit.jp というドメインを取得していた場合、http://www.premierxbit.jp というURLで一つのWebサイトを作成することができます。
サブドメインを利用することで、http://shop.premierxbit.jphttp://office.premierxbit.jp など、別のURLで性格の異なるサイトを立ち上げていくことが可能です。

但し、メールアドレスは作成できませんので、ご注意ください。

操作はコントロールパネルで行います。
コントロールパネルへのログイン方法は下記をご覧ください。

▼プレミアエクスビット

サブドメインを作成する

1.右サイドメニューに表示されている「サブドメイン作成」をクリック

サブドメイン-1

 

2.サブドメイン名を入力して「OK」をクリック

サブドメイン-2

 

3.作成完了

サブドメインが作成されると、メイン画面にドメイン名とサブドメインそれぞれの操作パネルが表示されます。

サブドメイン-3

 

 

サブドメインのデータの保存先

1.操作パネルの「表示項目を増やす」をクリック

サブドメイン-4

 

2.「ファイルマネージャ」をクリック

サブドメイン-5

 

3.ディレクトリを開く

サブドメインを作成すると、ルートディレクトリに「subdomains」というディレクトリが新たに作成されます。
その中に、作成したサブドメイン名のディレクトリがありますので、データをアップロードする場合は、各サブドメインディレクトリ内にある「httpdocs」へアップロードをしてください。

サブドメイン-6

 

 

サブドメインを削除する

使用しなくなったサブドメインを削除したい場合は、下記手順で削除することが出来ます。

1.「表示項目を増やす」をクリック

サブドメイン-4

 

2.「サブドメインを削除」をクリック

サブドメイン-7

 

3.注意事項に同意して「はい」をクリック

サブドメイン-8

 

4.削除完了

サブドメイン-9

Movable Type 6

Movable Typeのインストール方法をご案内します。

本マニュアルでインストールを行っているバージョンはMovable Type6系となります。

1.事前準備

事前にMovable Type用にデータベース(MySQL)の作成が必要となります。
データベース(MySQL)の作成方法についてはこちらを参照して下さい。

 

2.Movable Typeのインストール

 

1.Movable Typeファイルのダウンロード

 

Movable Typeの公式サイトにアクセスし、Movable Typeの本体ファイルをダウンロードします。

 mt6_1

 

 

2.ダウンロードしたMovable Typeファイルを解凍

 ダウンロードしたMovable Typeのファイルは圧縮(ZIP化)されているので、PC上で解凍します。

 

3.サーバーへのアップロード

 解凍後のフォルダ「Movable Type6」内にあるすべてのフォルダとファイルを、FTPソフトでサーバーにアップロードします。

このマニュアルでは「http://ドメイン名/mt6/」をサイトのURLとするために「/httpdocs/mt6/」 フォルダにアップロードします。

  MT6 8-28 FTPアップロード

4.cgiファイルのパーミッションの変更

アップロードしたファイルの中から、拡張子が「.cgi」となっているファイルのパーミッションを全て「755」へ変更します。

 MT6 08-28 パーミッション変更

5.Movable TypeのURLへアクセスし、『Movable Typeにサインイン』をクリック

ブラウザ(InternetExplorerなど)を起動し、Movable Type6のURL()へアクセスし、「Movable Typeにサインイン」をクリックします。

 このマニュアルでは「/httpdocs/mt6」に設置したので「http://ドメイン名/mt6」にアクセスします。

【注意】  パーミッションが「755」に変更されていない場合、「Internal Server Error」が表示されますので、【4】のパーミッションの変更作業を行って下さい。

 MT6-1

 

6.使用言語は「日本語」を選び、『開始』をクリック

「Movable Typeへようこそ」と表示が出たら、使用言語を『日本語』にし、『開始』をクリック

 

newMT6-2

7.『次へ』をクリック

「必要なPerlモジュールは揃っています」と表示が出たら、『次へ』をクリック

 newMT6-3

 

 

8.データベース設定を行う

下記のように必要情報を入力し、「接続テスト」をクリックします。

データベースの種類MySQLデータベース(推奨)
データベースサーバーlocalhost ※変更せずそのままで結構です
データベース名事前に作成済みのデータベース名
ユーザー名事前に作成済みのユーザー名
パスワードデータベース作成時に設定したデータベースのパスワード

 

 

 newMT6-4-2

9.「次へ」をクリック

「データベースの設定を完了しました。」と表示が出ましたら、『次へ』をクリック

 newMT6-6

 

10.メール設定を行う

送受信可能なメールアドレスを「システムメールアドレス」に入力し、

正しく受信が行われるか『テストメールを送信』をクリック

※「sendmailのパス」は「メール送信プログラム」の『Sendmail』を選ぶと表示されます。

システムメールアドレス受信可能なメールアドレスを設定して下さい
メール送信プログラムSendmail
sendmailのパス/usr/lib/sendmail

 newMT6-5-2

 

11.テストメールを送信

「テストメールが送られるメールアドレス」に受信可能なメールアドレスを設定し、『送信』をクリック

※特にメールの送信テストが不要な方はスキップをクリック

 

newMT6-5-3 

 

12.『次へ』をクリック

「メール設定を完了しました。」と表示が出たら、『次へ』をクリック

newMT6-5-4

 

13.『次へ』をクリック

「Movable Type Proの設定を完了しました。 」と表示が出たら、『次へ』をクリック

 

 newMT6-7

 14.アカウントの作成

下記項目に登録情報を入力し、アカウントを作成して下さい。

完了しましたら『次へ』をクリックして下さい。

ユーザー名希望のユーザ名を入力
表示名管理画面内で表示する希望の表示名を入力
電子メール使用する任意のメールアドレスを入力
使用言語日本語
パスワードログインする際の希望パスワードを入力
パスワード確認上記同様のパスワードを入力

 newMT6-8

 

 15.ウェブサイトの基本情報を入力する

ウェブサイト名、ウェブサイトURL、ウェブサイトパスを入力し、最後に「インストール」をクリックします。
※ここで設定した内容でブログが作成されます。
※公開パスは絶対パス(/home/httpd/vhosts/お客様のドメイン名/httpdocos/フォルダ名)で指定してください。

ウェブサイト名ご希望のウェブサイト名を入力
ウェブサイトURL表示させるページのURLを入力
例)http://ドメイン名/Movable Type6
ウェブサイトパス表示させるページのパスを入力
例)/home/httpd/vhosts/ドメイン名/httpdocos/Movable Type6
テーマお好みのテーマを選択
タイムゾーンUTC+9(日本標準時)

 newMT6-9

 

 

16.インストールの完了

下記の画面が表示されましたら、インストールは完了です。

『Movable Typeにサインイン』をクリックして下さい。

newMT6-10

 

17.管理画面へログイン

【14.アカウントの作成】で作成したユーザー名とパスワードでログインを行って下さい。

正しく下記画面が表示されましたら、インストール作業完了です。

 MT6-17

 

以上で完了です。